よくわかるキャッシング講座TOP > キャッシングで気になること > 総量規制ってなに?

総量規制について

 
昨今の金融事情を見ると、総量規制という言葉をよく目にするようになりました。総量規制とは、借り入れできる金額が、年収の3分の1以内に規制するというものです。例えば、年収が300万円のAさんがいるとします。Aさんが金融機関と契約して借り入れできるのは、300万の3分の1、つまり100万円以内となるのです。大手金融機関などを見ていると、最大限の借入金額が500万円となているのを目にします。この場合、500万円を借りるには、1500万円以上の収入が必要となってしまいます。考えようによっては、ちょっと不便な制度です。しかし、規制が無ければ借り過ぎる人が出てきてしまうのも現実です。借り入れできる金額を一定量に規制することで、返済を現実的なものにし、返済の不履行が無いようにしているのです。

総量規制の対象について


総量規制は、すべてのキャッシングにおいて行われるわけではありません。キャッシングには、「個人向け貸付」や「法人向け貸し付け」、「個人向け保証」や「法人向け保証」があります。総量規制は、消費者金融や学生ローンのような個人向け貸し付けに対してのみ行われるもので、法人向けのものや個人向け保証においては対象となりません。

例外となる個人向け借り入れについて


個人向け借り入れであっても、例外とされるものがあります。個人向け借り入れで高額ローンを組むという際には、家や車に関するものが多く、それらは生活においても必要なものです。そこで、利用者の返済能力が一定以上あるという場合には、「例外となる借入」というものが利用できます。例外として認定されれば、総量規制値を超えたキャッシングが可能となります。また、総量規制に対して「除外」となるものもあります。主に、不動産や車関連のもの、高額な医療費に関するものなどがあり、例外や除外となる案件は意外と多いです。総量規制を超えたキャッシングが必要となった場合には、金融機関に対して規制以上の取引ができるか確認してみましょう。
 

関連記事

返済が遅れるとどうなる?

キャッシングを行う際には、借りた分はしっかりと返済するというのが大前提となります。借入から返済までをしっかりと行うことで、金融機関も利用者も気持ちよく取引を終えることが可能となりま...

キャッシングが会社にバレることはある?

キャッシングとは、詰まる話が借金ですから、あまりイメージが良くない場合もあります。家族や職場において、キャッシングのことがバレるとまずいという方の中にも、キャッシングを利用したいと...

ブラックリストって本当にあるの?

「ブラックリスト」という言葉を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。要注意利用者などといった人物をリスト化したものなのですが、実際にあるものなのでしょうか。もちろん、本当...

総量規制ってなに?

昨今の金融事情を見ると、総量規制という言葉をよく目にするようになりました。総量規制とは、借り入れできる金額が、年収の3分の1以内に規制するというものです。例えば、年収が300万円の...

借りたお金の使い道は自由なの?

キャッシングに関するよくある疑問に「借りたお金は何に使っても良いのか」といったものがあります。お金が手に入るとはいえ借りたお金ですから、自由勝手に使っていいものか悩みがちです。よく...