よくわかるキャッシング講座TOP > キャッシングで気になること > 返済が遅れるとどうなる?

返済が遅れるとどうなるかについて

 
キャッシングを行う際には、借りた分はしっかりと返済するというのが大前提となります。借入から返済までをしっかりと行うことで、金融機関も利用者も気持ちよく取引を終えることが可能となります。しかし、返済が上手くいかなかった場合にはどうなってしまうのでしょうか。もちろん、返済できないなら、絶対にキャッシングの利用は行わないように心がけるべきです。しかし、万が一のことについてはしておくべきです。

遅延損害金が発生する


返済期日を過ぎたにもかかわらず、返済が行われていないという際には、遅れた日数分の遅延損害金が発生します。大手消費者金融では、多くの場合20パーセントの金利が上乗せされてしまいます。2割づつの金利がつくので、この遅延損害金がついた際には多額の返済を行うこととなります。

電話での連絡、催促状が届く


返済期日から数日経過した後には、取り引きしている金融機関から電話などで連絡が入ります。もちろん確認と催促の電話ですが、スタッフも柔軟な対応を見せやすいです。しかし、電話での確認や催促を無視していると、催促状が届くようになります。ある意味、この催促状が最終ラインと考えないと、後で大変なことになります(遅延している時点で十分異常事態ではあります)。

取り立て、一括請求が行われる


あまりに返済が遅いという場合には、取り立てが行われたり、一括での返済が求められます。取り立てといっても、ドラマであるような暴力的なものではなく、ちゃんとした金融機関なら厳しめの催促となります。

差し押さえ


最終的に、返済を無視し続けると強制的に財産が差し押さえられてしまいます。利用者の所有している各財産を差し押さえるのですが、給料などから引いていく場合が多いです。この差押えは、金融機関が裁判所に手続きをしてから行うものです。ですから、法的な力が働いているわけで、差し押さえに対する拒否権はありません。キャッシングを行う際には、これらの状況に陥らないように、しっかりと返済していきましょう。
 

関連記事

返済が遅れるとどうなる?

キャッシングを行う際には、借りた分はしっかりと返済するというのが大前提となります。借入から返済までをしっかりと行うことで、金融機関も利用者も気持ちよく取引を終えることが可能となりま...

キャッシングが会社にバレることはある?

キャッシングとは、詰まる話が借金ですから、あまりイメージが良くない場合もあります。家族や職場において、キャッシングのことがバレるとまずいという方の中にも、キャッシングを利用したいと...

ブラックリストって本当にあるの?

「ブラックリスト」という言葉を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。要注意利用者などといった人物をリスト化したものなのですが、実際にあるものなのでしょうか。もちろん、本当...

総量規制ってなに?

昨今の金融事情を見ると、総量規制という言葉をよく目にするようになりました。総量規制とは、借り入れできる金額が、年収の3分の1以内に規制するというものです。例えば、年収が300万円の...

借りたお金の使い道は自由なの?

キャッシングに関するよくある疑問に「借りたお金は何に使っても良いのか」といったものがあります。お金が手に入るとはいえ借りたお金ですから、自由勝手に使っていいものか悩みがちです。よく...